こんにちは(*^^*)

 

 

 

皆さん!

『介護脱毛』

耳にしたことありますか?

介護脱毛とは、「自分の老後を後を想定し、将来介護される立場になった際に清拭や排せつごの拭き取りなど第三者の介護者に負担とならないように、

あらかじめデリケートゾーン(Vライン・Iライン・Oライン)の毛の脱毛をしておくこと」です。

【介護脱毛のメリット】

★陰部の炎症の予防

排泄に関する介助時では、デリケートゾーンはきれいに拭き取ったつもりでも陰毛や皮膚に排泄物が残りがちです。

脱毛する事で排泄のケアがしやすくなり、炎症や感染症の予防につながります!

★おむつ交換時の匂いの軽減

陰毛が多い状態でおむつを使うと、雑菌が繁殖しやすく、悪臭が出やすくなります。

アンダーヘアーの量を減らしてケアがしやすくなると匂いの問題が軽減できます。

★おむつ交換時の清拭が楽にになる

高齢で介護を必要とする状態の方は免疫力が低下している場合も多く、またオムツなどでは菌の増殖が増え、より感染症のリスクは高くなります。

そのため、トイレでの排泄介助やオムツの交換の際に介護者はより丁寧に清拭をする必要がありますが、ゴシゴシ拭いて肌を傷つててしまってはよくありません。

介護脱毛をすることにより介護する側が陰部の状態をしっかりと確認できので清潔さを保ちやすくなる効果があります。

 

欧米では〝ハイジーナ〝(清潔にするという意味)と呼ばれる無毛状態が主流なのですが、日本ではまだ抵抗を感じる人の方が多いようです。

Vの部分の毛の残し方については、小判型、縦長、逆三角形などお好みの形にできますのでお気軽に相談ください♪

白髪のなると脱毛できません(>_<)